兄弟の未判明の借金を相続しないために相続放棄をする場合

【相談内容】

Hさんの兄が最近亡くなり、その事実を兄の死亡地の市役所から連絡を受けました。

Hさんの亡くなった兄には身寄りがなく、Hさんも永らく兄と疎遠でした。

 

亡くなったHさんの兄がどんな生活をしてどれだけの財産があるのか、

Hさんは疑問に思いましたが、

Hさんの兄は遠方で暮らしていたため、すぐに調べる手段がありませんでした。

 

しかし、Hさんの兄は、金遣いが粗く、

Hさんは兄から過去にお金を貸してほしいとの申し出を受けていた事実があったので、

兄の返済していない借金が出てくる可能性がありました。

 

相続財産の範囲が判明していなくても相続放棄することができるのでしょうか

 

 

【解決方法】

相続財産の範囲が判明しなくても、家庭裁判所で相続放棄手続きをすることができます。

 

ただし、亡くなった方が亡くなった日

もしくは亡くなったことを知った日から3ヶ月以内に、

相続人は相続放棄手続きを行う必要があります。

 

 

【結果】

Hさんは、家庭裁判所へ相続放棄申述申立てを行い、

兄の未判明の借金から責任を取らずに済むこととなりました。

 

 


相続・遺言の無料相談受付中!0120-303-067 無料相談について詳しくはこちら

相続発生後の手続き

  • 相続人・相続財産の調査
  • 遺産分割協議
  • 預金口座の名義変更
  • 借金の相続放棄
  • 不動産の名義変更
  • 相続税の申告

相続生前対策

  • 遺言
  • 生前贈与
  • 成年後見

相続・遺言の無料相談はこちら 0120-303-067

事務所概要

料金表

相談から解決まで

解決事例

CONTENT MENU

OFFICE・ACCESS