相続財産管理人が選任された場合の登記手続き

みなさんこんにちは。

司法書士の近藤です。

 

さて、相続人となる者が全員相続放棄をするなどで、相続人が不存在となった場合、

どのような登記手続きをするのでしょうか?

 

相続人が不存在となった場合、「相続人のあることが明らかでないとき」に該当し、「相続財産法人」が成立します(民951条)。

 

そして、相続財産法人が成立した場合、「家庭裁判所は、利害関係人又は検察官の請求によって、相続財産の管理人を選任しなければならない」(民952条1項)とされています。

 

登記手続きについては、所有権移転登記ではなく、「相続人不存在」を登記原因として、名義人を「亡A相続財産法人」 とする「所有権登記名義人氏名変更登記」 によることになります。

 

ちなみに、登記名義人が被相続人の父名義のままであった場合、一旦、被相続人名義に相続による所有権移転登記を申請してから、相続財産法人に所有権登記名義人氏名変更登記を申請することになります。この場合、上記相続登記については、相続財産管理人が申請人となることができます。

 

近藤

¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤

豊田市・岡崎市・西三河地域で、相続でお悩みの方、ぜひ一度、当事務所までご相談ください。 当事務所では、初回相談は無料とさせていただきます。お気軽にご相談ください。

お知らせの最新記事

相続・遺言の無料相談受付中!0120-303-067 無料相談について詳しくはこちら

相続発生後の手続き

  • 相続人・相続財産の調査
  • 遺産分割協議
  • 預金口座の名義変更
  • 借金の相続放棄
  • 不動産の名義変更
  • 相続税の申告

相続生前対策

  • 遺言
  • 生前贈与
  • 成年後見

相続・遺言の無料相談はこちら 0120-303-067

事務所概要

料金表

相談から解決まで

解決事例

CONTENT MENU

OFFICE・ACCESS