法定相続登記をした後に遺言書を発見した場合

みなさんこんばんは。

司法書士の近藤です。

 

さて、法定相続で登記がされた後に遺言が発見された場合、

どうなるのでしょうか?

 

まず、遺言があれば民法の規定により、

遺言が優先されますので、

法定相続は誤った登記だったということになります。

 

したがって、誤りだった法定相続登記の抹消登記をし、

改めて、相続または遺贈を原因とする登記をします。

 

このとき、法定相続人が登記手続きに協力しないのであれば、

登記手続請求訴訟を提起することになります。

 

近藤

¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤

豊田市・岡崎市・西三河地域で、相続でお悩みの方、ぜひ一度、当事務所までご相談ください。 当事務所では、初回相談は無料とさせていただきます。お気軽にご相談ください。

お知らせの最新記事

相続・遺言の無料相談受付中!0120-303-067 無料相談について詳しくはこちら

相続発生後の手続き

  • 相続人・相続財産の調査
  • 遺産分割協議
  • 預金口座の名義変更
  • 借金の相続放棄
  • 不動産の名義変更
  • 相続税の申告

相続生前対策

  • 遺言
  • 生前贈与
  • 成年後見

相続・遺言の無料相談はこちら 0120-303-067

事務所概要

料金表

相談から解決まで

解決事例

CONTENT MENU

OFFICE・ACCESS