山林を相続すると・・・

おはようございます、スタッフの鈴木です。

 

相続する財産の中に、土地(山林)があることがあります。山林を相続した場合、その所有者となる人は、その山林のある土地を管轄する市へ、所有者が変更したことを届け出る義務が法律上発生します。

 

では、相続による届出が必要な「山林」とは、どのように定義づけできるかです。

 

もちろん、登記簿上で地目が「山林」となっていたり、固定資産課税台帳上で、「山林」と記載がある土地であれば、山林ということは一目瞭然なのですが、登記簿上も固定資産課税台帳上も「山林」と記載されていない場合は、山林ではないということになるのでしょうか?

 

その点、森林法という法律においては、現況主義をとっており、現実に「山林」として管理等していれば、「山林」ということになります。逆に、登記簿上、固定資産課税台帳上「山林」となっていても、現況が「山林」でなければ、届け出の対象とはなりません。

 

このように「山林」の概念は、法律上非常に広範囲に及ぶと言えます。

 

¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤

その他、豊田市・岡崎市・西三河地域で、相続でお悩みの方、ぜひ一度、当事務所までご相談ください。 当事務所では、初回相談は無料とさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

お知らせの最新記事

相続・遺言の無料相談受付中!0120-303-067 無料相談について詳しくはこちら

相続発生後の手続き

  • 相続人・相続財産の調査
  • 遺産分割協議
  • 預金口座の名義変更
  • 借金の相続放棄
  • 不動産の名義変更
  • 相続税の申告

相続生前対策

  • 遺言
  • 生前贈与
  • 成年後見

相続・遺言の無料相談はこちら 0120-303-067

事務所概要

料金表

相談から解決まで

解決事例

CONTENT MENU

OFFICE・ACCESS